大学の教科書・専門書・学術書・医学書の買取情報サイト

大学教科書買取LABO

教科書買取サイト

古書大黒堂の専門書・教科書買取の口コミと評判

更新日:

オススメ度
送料 20冊から無料
宅配キット なし
振込手数料 無料
買取価格の記載 あり(ISBN番号で検索可能)
返送料 有料
マーカー/書き込み NG
買取可能商品 教科書、専門書
買取金額アップ なし

メリット

  • ISBN番号を使って、査定額を検索可能!
  • 事前査定から大きく価格が変わることが少ない
  • とにかく評判が良い

古書大黒堂とは?買取可能な書籍について

古書大黒堂は、個人事業主が運営している教科書買取サイトです。

ISBN番号を使って、自分で買取価格が調べられるという便利なサイトですね。

買取してもらえる教科書の種類

古書大黒堂では、大学や短大、専門学校などの教科書を始めとして、幅広いジャンルの専門書を買い取ってくれます。

しかし、状態の悪いものや週刊誌、コミックスなど、買い取れないものもありますのでご注意ください。

買取できるかどうかの判断は、サイトにある「オンライン査定」の機能を使います。

ここで価格が表示される書籍は買取可能なので、事前に確認するようにしましょう。

書籍への書き込みはOK?

勉強に使った書籍ですから、中には書き込んでしまったという人もいるはず。

古書大黒堂では、書き込みされた本は買取不可というルールになっています。

書き込み以外にも汚れがひどいものや、対象ではない書籍については買い取ってもらうことができません。

送料は20冊以上で無料

ネット買取ですので配送業者を使うことになりますが、古書買取堂では20冊以上の発送で送料が無料になります。

競合となるバリューブックスでは5冊、専門書アカデミーは10冊からということで、20冊から無料というのは少し厳しめの設定です。

それでも、1学年分の教科書を全て送れば20冊には達するはずですので、そう難しくはありませんよね。

しかし、古書大黒堂には梱包キットがないため、ダンボールを自分で用意する必要があります。

近くのスーパーでももらえますし、ホームセンターや運送会社からも購入できますので、申し込む前に用意しておきましょう。

梱包する際には、ページが折曲がったりしないようにご注意を!

古書大黒堂の口コミや評判

古書大黒堂について、SNSなどでネット上の正直な口コミ、評判についても調べてみました。

「事前査定とほぼ変わらない金額で買い取ってもらえた」
「冊数によって送料無料がありがたい」
「入金までに多少時間がかかる」

という感じでした。

やはり事前査定が大きな魅了になっていて、安心感があります。

また、事前査定をやっているサイトは他にもあるのですが、ブックリバーを始めとしてそれらのサイトは「事前査定額●円以上で送料無料」というルールです。

どちらが良いかは状況にもよりますが、査定額が安くても送料無料になるのは結構ありがたいですね。

唯一悪い評価としては、査定や入金までに若干時間がかかるというものがあります。

これに関しては混雑状況にもよるので一概には言えませんが、急ぐ場合は早めに送るようにしましょう。

お金の受け取り方法と、買取の流れ

古書買取堂の買取の流れは基本的に以下のようなものになります。

  1. サイトの「オンライン査定」から簡易事前査定を行う
  2. サイトから買取の申し込み手続き
  3. 梱包、搬送
  4. 査定結果を確認し、問題なければ承認
  5. 指定口座に入金

お金の受け取り方法は銀行振込だけですが、振込手数料は無料なので安心です。

送り方や必要書類、手順に関する詳細は、ホンマルシェのサイトをご確認ください。

ブックリバーとの比較

古書大黒堂のように、幅広いジャンルの教科書を買い取るサイトは他にもあります。

一つ目がブックリバー、もう一つがバリューブックスです。

参考ブックリバーの専門書・教科書買取の口コミと評判

参考バリューブックスの専門書・教科書買取の口コミと評判

特にブックリバーは事前査定という点など、サービス内容がホンマルシェとよく似ているので、この記事ではこの2つを比較してみましょう。

比較する項目は、買取の種類、利用のしやすさ(送料と梱包材のサービス)、査定額です。

比較項目 古書大黒堂 ブックリバー
買取の種類 専門書、教科書(学術書) 書籍全般、CD、DVDなど
送料無料の条件 20冊から 査定額2,000円から
ダンボール無料配布 なし 購入代金の立て替え有り
査定額の口コミ 高いという口コミが多い 高いという口コミが多い

まず買取してくれる物品の幅広さですが、これはブックリバーの方が広いです。

ブックリバーでは、幅広いジャンルの書籍だけではなく、CDやDVDも買い取ってくれます。

教科書を売りたいだけであればあまり関係ないですが、一緒に送ることができるのはなかなか便利ですよね。

次に利用のし易さですが、これについても若干ですがブックリバーの方が上です。

まず送料無料の条件が古書大黒堂では20冊以上、ブックリバーでは査定額2,000円からという設定になっています。

それぞれに利点がありますので、ここは比較が難しいですね。

しかし、ブックリバーにはダンボール購入代金の立て替えサービスもあるため、この点で若干ですがブックリバーがリードしている印象です。

最後に、気になる査定額の比較です。

これに関しては、どちらも評判が良いため引き分けですね。

どちらのサイトも事前に査定できますので、売る本が決まったら、実際に査定額を見て比較するということも可能です。

今回の比較では、ブックリバーの方が良いという印象でした。

しかし、査定額が安かった場合はブックリバーで送料無料になりませんし、状況に応じて使い分けるのが良いですね。

2つの質問でぴったりの教科書買取サービスがわかる!

教科書買取サービスで、送料無料の冊数だったり教科書以外にも買取出来たりとどれを選べばいいか困っていませんか?

  • 教科書・専門書が10冊だったら、どのサービスを選べばいいの?
  • 教科書・専門書の他にも、漫画本を売りたい場合は?
  • 教科書・専門書の他にも、CD/DVDを売りたい場合は?

これらの悩みは以下の診断で解決できますよ!!

Q1
専門書と一緒に漫画本やDVD/CDも売りますか?

教科書・専門書買取サイト!おすすめランキング!

専門書アカデミー

大学の教科書や専門書を買取してもらうのに一番おすすめのサイトです。

自宅にいながら、大学の教科書や専門書の買取をしてもらえて、配送料も5冊以上であれば無料となっています。

買取してもらえる教科書・専門書のジャンルも幅広く、特に医学書などの医療系専門書であれば高価買取が期待できます。

ブックリバー

ブックリバーは、本の裏側にあるISBN番号を利用して事前査定することができる買取サービスです。

事前査定で、2,000円以上の査定額が出た場合のみ買取可能と厳しいように見えますが逆に言うと2,000円近くの買取額は保証されているということです。

そのため、買取価格などの口コミでも満足のいく買取結果だったという声が多いので非常におすすめです。

事前査定だけであれば、無料で出来ますのでいらない教科書・専門書・医学書などがある方はいかがでしょうか!

学参プラザ

中学受験・高校受験・大学受験で使った参考書や問題集を買取してもらうのに一番おすすめのサイトです。

自宅にいながら、参考書や問題集の買取をしてもらえて、配送料も20冊以上であれば無料となっています。

市販で売っている参考書・問題集のみではなく、代ゼミや駿台のテキストも買取してもらえます。

-教科書買取サイト

Copyright© 大学教科書買取LABO , 2019 All Rights Reserved.